ドライヤーを髪と頭皮に有効利用!

今まで、ドライヤーの冷風を使ったことがありませんでした。

 

乾かすときも、ブローするときも、温風だけを使っていました。

 

どうして冷風なんて機能があるのだろうと思っていたくらいです。

 

ですが、友人から、ブローの最後に冷風を使うと髪型がキレイに決まるとの話を聞きました。

 

冷風にそんな使い方があったんだ、と驚きました。

 

そこで、さっそく友人の言葉通り、ブローの最後に冷風を使ってみると、今まで以上にキレイにセットできました。

 

これまでは、最後にスプレーをたくさん使って髪型を固めていたのですが、スプレーなしでもクルッと癖がついたまま崩れません。

 

ガチガチに固まっているというわけでなくて、自然な感じでまとまっています。

 

ふんわりしながらも形がキープされているので、とてもいい感じです。

 

温風で髪に癖をつけて、冷風でキュッと固める、というようなイメージでしょうか。

 

またお風呂上がりにはドライヤーで髪の根本までしっかり乾かすことで雑菌の繁殖を防いだりフケ 対策にもなるということで疎かにはできません。

 

ササッと乾かしたり簡単にセットするだけであまり有効利用をしていなかった気がします。

 

ドライヤー一つでいろいろなことに影響するので有効な使い方を勉強する必要がありますね。

 

必要以上に温風を使わずに済むので、髪が傷みにくくなったことも嬉しい発見のひとつです。

 

それに、冷風を使うと、髪の表面にツヤができることに驚きました。

 

表面はつるんとしていて、天使の輪ができています。

 

美容院でセットしてもらったような出来栄えです。

 

ドライヤーの冷風を今まで使ってこなかったことがとても悔やまれます。

 

トップページに戻る